NPO法人 小野川と佐原の町並みを考える会

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 佐原の町並み特別公開 | main | 北総四都市江戸紀行 シンポジウム >>

重要伝統的建造物群保存地区選定20周年記念

0

    平成28年12月17日

    佐原の町並みが重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)選定されてから20年。

    25年前に発足し、町並み保存活動を推進してきた「NPO法人小野川と町並みを考える会」主催の記念イベントが、川の駅「水の郷さわら」で開催されました。

     

    「NPO法人小野川と町並みを考える会」佐藤理事長

     これまでに、景観修理が156件、新築修景と工作物を含め62件の修理・修景工事が行われ連続した街並みが見られることを報告。考える会設立当初の皆様のご苦労と行政担当者の賜物と感謝。関係団体皆様の協力のもとさらなる発展と活力ある町並み形成に協力をお願いいたしました。

     

    香取市宇井市長

    「官民一体」の事業としてこの町づくりの成果を喜び、関係各位に感謝をする。東日本大震災に触れ、佐原の町並みの復興を報告。日本文化遺産や佐原の大祭ユネスコ無形文化遺産登録とさらなる発展を期待する。選定から20年の苦労に感謝しました。

     

    佐原商工会議所石井会頭

    皆様の活躍に感謝し、香取街道電線無中化事業が住民説明会など再出発したことを報告。選定20周年を祝い、さらなる努力を誓いました。

     

     

    岡山理科大工学部 江面教授

    講演「文化財保護の理念とその創造的な活用」 〜伝建地区の意義とこれからの佐原〜

    短時間の講義で恐縮でしたが、「文化とは何ぞや」と悩んだことから、「建物は象徴であり、それらを支える組織や人々が大切」とお話しいただきました。

    マイク講演音声UPしました

     

     

     

     

     

     

    佐原の町並みを考える会設立当時の名物旦那「大高敏男氏」を囲んで三菱館で活躍した仲間です。

     

    「小堀屋本店」篠塚友孝様が、長年の家業の継続と建物保存のご努力が認められまして「平成28年年度地域文化功労者表彰」として国の文化功労章を授章されました。佐原歴史的景観地区の町並み保存の誇りとして花束の贈呈。贈呈者は越川悦子女史。

     

    審査愛復興や香取街道電線無中化事業等、ご尽力をいただいた「県議会議員 伊藤和男氏」

     

     

     

     

     

     

     

    こんなことありました! | permalink | comments(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする